スロープいらずの便利な段差解消機|国保連請求も楽な介護システム

男女

個室での暮らしもできる

食事

旭区の老人ホームには、個人が暮らせるプライバシーが守られた居室を用意してくれます。集団生活が苦手とする人でも、問題なく暮らすことができるでしょう。施設内には話し相手となる他の高齢者も大勢おり、施設側も楽しいレクリエーションなどを行なってくれるので、充実した老後が送れます。

詳細へ

格安のバリアフリー対策

車いす

体の不自由である障害を抱える人や、足腰の弱った高齢者となれば、車いすを使っての生活が余儀なくされます。地面が平行である場所なら問題なく移動ができますが、車いすにとってもっとも厄介な場所といえば、段差のある場所が挙げられるでしょう。最近ではバリアフリー対策によって、公共施設の多くでスロープが設けられています。しかし、大きな施設以外では未だにスロープがない場所も多いので、問題となるでしょう。特に新しく介護事業を行なう施設にとって、施設のバリアフリー化は大きな懸念材料となります。新規で介護施設を開設する場合、多くの事業者は賃貸で物件を利用するものです。土地を購入し、新しく建物を建てるとなると莫大な初期費用が必要となるので、賃貸での利用は不可欠といえます。しかし、借りた建物が元々高齢者向けの施設ではなかった場合、スロープなどが付いていることは少ないでしょう。バリアフリー化のためのリフォーム費用をどのように捻出すべきか、悩む人も多いのです。そこでおすすめできるのが、段差解消機ト呼ばれる機器です。段差が合った場合、ガススプリングにより車いすを高所から下ろすことや、低所から高所へと押し上げてくれるのです。リフォーム工事に比べ格安で購入ができるので、新規に高齢者施設を立ち上げる会社に最適の機器といえます。

介護施設以外にも、個人がこの段差解消機を購入することもできます。個人向けの段差解消機は、多きさも小型であるため、使用時にも邪魔になることはありません。ガススプリングによって、静かに、かつ負担なくゆっくりと上昇と下降ができるので、快適に段差の登り降りができるでしょう。また、スイッチひとつで操作できるシンプルな機器なので、機械類の弱いお年寄りでも簡単に使いこなすことができるでしょう。日中の間だけお年寄りを預かるデイケアであれば、借りた物件も狭いものとなるので、スロープ設置などのリフォームを行なうスペースが得られない場合があります。小型の段差解消機ならば、どこでも邪魔にならずに利用ができるので、施設へ入る際や送迎車への登り降りなどに活用できるでしょう。

業務負担を軽減できる

PCを操作する女性

介護の業務は非常に多忙であるため、国保連請求などを行なうのも苦労をするものです。そういった忙しい介護施設におすすめできるのが、国保中央会介護伝送ソフトです。パソコン上で国保連請求の書類が作成できるほか、ネットを通じてデータ送信もできます。ASPタイプなら格安で導入もできるでしょう。

詳細へ

施設ごとに利用できる種類

PCを触る人

介護システムにはパッケージ型とASP型の二つのタイプがあります。パッケージ型であれば、多機能でありネットに繋がずとも利用できます。ASP型であれば、ソフト購入もせずに済むので安価に導入ができるでしょう。会社側が自動で更新を行なうので、法改正時にもお金を掛けずに利用ができます。

詳細へ